KIRAKU的、河口湖ガイドレポート
河口湖、山中湖ガイドでお馴染みの塾長、喜多野がリアルタイムにガイド中継をレポート!見逃せません~♪
プロフィール

KIRAKU喜多野

Author:KIRAKU喜多野
喜楽塾・TFSガイドサービス代表
元JB TOP50プロ
現在はプロガイドとして河口湖、山中湖、西湖で活躍。
河口湖では圧倒的、人気を誇るスーパーガイド!


FC2 Blog Ranking
↑↑↑
ランキングに参加してます♪
お楽しみ頂けた方はポチッ!っとお願い致します。
開始9日で「フィッシング部門」・「アウトドアー部門」1位獲得!皆様、サンキューですっ♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第3の刺客となるか??
さぁ今回も公開ネタです。(ちょっと久しぶり)
昨日、ちょこっと試してみたのですが、ターンならではの攻略法。
基本的には水の良いレンジに魚類が溜まるのですが、ヤル気のあるデカバスに的を絞り狙う方法です。そう・・あのルアーですよっ♪

*マッドペッパーマグナム♪
現行、河口湖はターンしているのですが、エリアによっては6m前後のブレイクラインに強烈な反応があります。
イメージして下さい~♪ベイトの群れの中をかき分けてマグナムが突進!ベイトが散った時・・・・・・ディープフラット中層から・・・モンスターが「ドッキューン!」

マジ、ヤバイでしょっ!
ベイトが限定的なエリアに集結している時に効果を発揮するパターンです。(笑)昨年の山中湖での取材も、上記パターンでした。

何を投げても喰わない~
そんな時、試して見る価値ありですよっ!

喜多野さん~釣れないからって・・・・妄想は・・・いや~昨年秋もマグナムが活躍しましたよ~♪まぁ~アプローチに秘密がありますけどね(笑)
ビッグベイト、ダディー・・・そして第3の刺客となるか??
次回のガイドから本格的、投入予定ですっ!(笑)
ブログランキング!1票を!

↑↑お楽しみ頂けた方はランキングを「ポチッ!」
目指せ!1位返り咲き♪よろしくで~す♪

スポンサーサイト
河口湖攻略【秋の陣パート1】
さて今月はボチボチ忙しいので公開ネタが少ないのですがちょこっとお楽しみくださいませ♪今回のお題は【河口湖攻略、秋の陣パート1】です。ここ数日、ターンオーバーがキツくネイティブの反応がいまいちですがエリア&攻略法によってはネイティブが釣れます。エリアで言えば戸沢~長崎の間とか産ヶ屋崎、2ノ瀬~3ノ瀬などの比較的に水が綺麗なエリアが良いですね♪ウイードのアウトサイド~ディープの間にベイトの反応があれば、かなり激アツです。(ラバージグなどで!)忘れちゃいけないのがシャローのプチブッシュ!特に長崎周辺はシャローにロックがゴロゴロとしており単発系ビッグが朝とかベイトに着いてます。朝、岸際でベイト(オイカワ系)がピチピチしてたら激アツ!(トップ、ビッグベイト、スピナベ)が良いですよ~♪放流系は長浜、浅川、さかなやがコンスタントに釣れてますかね。光りものが反応いいですね。この週末、ぜひ試して見ては♪
ブログランキング!1票を!

↑↑お楽しみ頂けた方はランキングを「ポチッ!」
目指せ!1位返り咲き♪よろしくで~す♪


放流情報。
本日、湖内数か所で放流がありました。
サイズは25㎝~28㎝ぐらいですね。(釣った感じ!)
光り物に反応が良い感じですね。スピナベ、トップ、クランクなど
何でもあり!でもこう言う時ほど苦手な釣りを!!
うまく練習に使わなきゃね♪
河口湖シークレット④
最近シークレットネタばかりですいません・・。(爆)
今回のネタは「ゴリ、ヨシノボリ系」秋冬パターンですっ。
春先、湖畔の浅瀬でゴリ&ヨシノボリを見た事ありますよね??
ハゼみたいな奴です。これらが夏~冬にかけてディープへ落ちる訳なんですが特に秋は稚魚が群れをなして移動する関係もあり特定の条件が揃ったエリアにはメダカ級のゼブラ模様の稚魚が大量発生します。(魚深には雲状に中層~ボトム周辺に写ります。)バスに限らず多種多様な魚類が捕食しているようですが!西湖や山中湖でも最近は多く見かけますね。バスはどんな感じでこれらを捕食するのだろう??と以前、西湖で観察した事があります。捕食の仕方はジンベイサメがプランクトンを食べるようなっ?(笑)群れの下に入り込み、口を「バフッバフッ」する感じで吸い込みます。もちろん何匹かで稚魚の群れを囲み狩りをしてるんですけどね~。稚魚は上に逃げるしかなく水面までくるとピチピチと跳ねます。さてKIRAKU的、攻め方ですがボリュームのあるゼブラカラーの入ったスモラバで中層~ボトムをビシバシ釣る感じですかね♪何故、ビシバシ??かと言うと稚魚を散らしながらバスにスイッチを入れる事により標的となるスモラバへの反応が↑するんですよね~♪他には昨年のバスワールドの取材(山中湖)で使ったテクニックですがマッドペッパーマグナムなど水押しが強くアピールのあるルアーを使う事により稚魚の群れを一時的にパニックにさせリアクションでバスを喰わせる方法!でも・・・毎回、こんなに公開していいのだろうか??(笑)

ブログランキング!1票を!

↑↑お楽しみ頂けた方はランキングを「ポチッ!」
目指せ!1位返り咲き♪よろしくで~す♪



ギルパターン続編。
お待たせしました。続編です。
カルチャーショックを受けた私はギルの行動パターンを観察して見たのです。通常時は少しサスペンド気味にボール状に群れているのですが、羽虫を捕食時やボトム周辺に大型のバスがいる場合、表層に浮き上がります。そしてバスが群れに対し左舷から捕食体制に入ると右側に「チュパッ!」と潜りながら移動し右舷なら左という感じに移動します。この時にバスの進入方向及びポジションを確認する訳です。良く観察するとギルに落ち着きが無いのですぐ分かります。以前にワームが使えた頃、上ずっているギルボールの中にギルの好きな匂い系のワームをノーシンカーでゆっくりと沈めたんです。最初はツンツンとバイトがあるのですがボトムに近ずくにつれノーバイト何ですね~見事に!(要は怖くて潜れないんですね♪)もちろんサスペンドしている時はボトムでも「ブルブル」当たりワームがなくなる。(笑)でもって当時の私の攻略法は、ギルボールが打てるポジションでボートをステイさせ、なるべくエレキを踏まずにギルの様子及びバスのポジションを観察。あとはギルボールに、ギルの食えないサイズのワームを投げボトムステイ!ギルの様子がおかしくなってきたら、チョンチョンするだけ!喰えばキロアップ確定な当時ストロングパターンでした。(笑)で!ワームが使えない今はどうする??スモラバやダディーでも上記パターンは代用可能ですが、ギル系ビッグベイトも面白いかも知れませんね♪ギルボール!見かけたら試してみてくださいね~(笑)
ブログランキング!1票を!

↑↑お楽しみ頂けた方はランキングを「ポチッ!」
目指せ!1位返り咲き♪よろしくで~す♪



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。